薬の服用に関すること
外来受診に関すること
医療費の支払いに関すること
その他



薬の服用に関すること

@精神薬は依存性が高くやめられなくなると聞き、不安です。
→現在、治療に使われているほとんどの薬に依存性はありません。また、定期的に血液検査を行うことで、副作用や薬剤成分の血中濃度を計測しチェックしますので、ご心配はいりません。

A処方された薬を飲んでいますが、副作用がつらく服用をやめたいです。
→ご自身の判断で服用をやめないで、医師にご相談ください。患者様の状態にあわせ、より副作用の少ない薬への切り替えや、副作用を抑える薬の処方などについて検討いたします。また、当院では薬剤師による無料の薬剤師外来を行っており、日本病院薬剤師会認定精神科専門薬剤師や精神科薬物療法認定薬剤師がご相談をお受けしております。お気軽にお申し出ください。

B薬を飲んで調子が良くなったので、飲むのをやめてもいいですか?
→ご自身の判断でやめないでください。症状が軽くなったように思えても、服薬を中断すると再発の恐れがあります。体調や症状の変化については必ず医師もしくは薬剤師にお話しください。

C市販の風邪薬などと一緒に飲んでも大丈夫でしょうか?
→問題ないことがほとんどですが、医師または薬剤師にご確認ください。

D薬を飲んでいるとき、車の運転や飲酒はやめたほうがいいですか?
→眠気やふらつきなどの症状が出ることがあるので、車の運転はしないほうがよいでしょう。またアルコールは薬の働きを過度に強めてしまうので、飲酒は避けてください。



外来受診に関すること

@外来診察は予約制ですか?
→認知症外来は予約制ですので、お電話でご予約をお取りください。また、午後の一般外来(再診のみ)は予約制となります。詳細は受付窓口またはお電話でお問い合わせください。
初診の方、再診で午前の一般外来を受診される方は予約制ではありません。

A病院に行きたいが、平日は仕事があって行けません。
→当院では、土曜日と日曜日の午前中にも外来診察を行っています(祝日・年末年始を除く)。但し土曜日は混み合いますのでご了承ください。また、日曜日の外来担当医は日によって変わります。当院では原則として主治医による一貫した治療を行っていますので、日曜日に初診で来院された場合、以降は月曜日〜土曜日のいずれかの日に通院していただくことをお勧めします。

Bいつもは別のクリニックに通っている。休日に急に具合が悪くなったが、クリニックが休みです。代わりに診察してもらえますか?
→原則としてかかりつけの医療機関で診察を受けられることをお勧めしますが、緊急性が高い場合は当院の救急外来で診察いたします。いつも飲んでいる薬の情報をお持ちください。

C家族が精神疾患にかかっているようなのですが、病院に行くことを拒否している。どうすればいいですか?
→ご本人が受診を拒否しているような場合、まずはご家族だけで相談に来ていただくこともできます。ご希望の方は、医療社会福祉相談室までお問い合わせください。



医療費の支払いに関すること

@医療費の支払いにクレジットカードは使えますか?
→申し訳ありませんが、クレジットカードはお使いいただけません。入院費については、ご希望があれば銀行振込でもお支払いいただけます。

A医療費が安くなる制度があると聞きました。どんな制度ですか?
→医療費が安くなる制度には以下のようなものがあります。詳しくは医療社会福祉相談室または受付窓口にお尋ねください。
1) 高額療養費制度…入院などにより1ヶ月当たりの医療費の自己負担額が高額になり、一定の限度額を越えた場合、その超えた分が払い戻される健康保険の制度です。限度額は年齢や所得に応じて異なります。
2) 自立支援医療制度…精神疾患により継続的に通院治療を要する人に対し、医療費の自己負担額を軽減する公費医療負担制度です。年齢や所得により、1ヶ月当たりの自己負担の上限額が異なります。
3) 無料・低額診療制度…経済的な事情で病院等での治療が受けられない人に対し、医療費自己負担額の一部または全部を減免する、社会福祉法に基づく制度です。



その他

@現在、別の病院に通っていますが、こちらに転院したい。どうしたらいいですか?
→他の医療機関からの転院は可能です。できれば通院されていた医療機関からの紹介状、もしくは処方されている薬の情報をお持ちください。但し、あまり頻繁に病院を変えることはお勧めいたしません。

A家族が精神疾患にかかっており、大変なので入院させてほしい。
→まずは外来診察にお越しください。その上で、医師が必要と判断すれば入院して治療を受けていただきます。

B家族が精神疾患と診断されたが、どんな病気かもよく分からないし、どう対応すればいいか悩んでいる。
→精神疾患の治療にはご家族の理解が重要になります。病気のことや患者様との接し方、福祉サービスの利用方法などについてご相談をお受けしますので、医師・看護師・精神保健福祉士にお尋ねください。また当院では、患者様のご家族を対象とした家族教室を定期的に開催しています。参加ご希望の方は受付窓口または社会福祉相談室、病棟スタッフにお申し出ください。

C病院にかかっていることを周りの人に知られたくありません。
→当院に通院しているかどうかも含め、患者様の個人情報をご本人の許可なく他に開示することはありませんのでご安心ください。なお、ご希望により、当院からご自宅あてに発送する郵便物に病院名を記載しないこともできますのでお申し出ください。

HOME院長挨拶当院における治療方針外来診療のご案内診療実績 医師の紹介スタッフ募集FAQトピックス公益法人の公告

公益財団法人 西熊谷病院

〒360-0816 埼玉県熊谷市石原 572

TEL 048-522-0200/FAX 048-525-8384

当院のプライバシーポリシーについて

Copyright© Nishi Kumagaya Hospital All rights reserved.