当院は大正13年に創立され、我が国ではもっとも長い歴史を持つ精神科病院の一つです。

この80年余りの間に、日本の精神医療は大きく変化してきました。当院においても、この変化の潮流に合わせて改革を続け現在に至っています。

最近では平成15年4月に、全535床の入院機能と外来および付属する全機能を新しい6階建ての建物に集約すると共に、病棟機能を個々の患者様のニーズに合わせられるよう、急性期治療病棟、精神療養病棟、老人性認知症病棟等に機能分化した結果、患者様により良い治療空間を提供することが可能になりました。

しかし、当院では従事するスタッフの資質が、治療環境の良否を決定する最大の要因と考え、スタッフの資質向上に向けて日々努力、研鑽してきています。基本に据える考えは、「スタッフ個々が患者様への人権意識を徹底し、患者様の声に耳を傾けその気持ちを汲み取ろうとする姿勢を大切にすること」です。そこからはじめて患者様と医療スタッフとの信頼関係が生まれると考えるからです。

また、この信頼関係なしには精神科医療は成立しないからです。

その上で精神科医師、看護師をはじめとして薬剤師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士等の専門スタッフが連携して治療を行っていますが、当院ではこれら専門スタッフの技術の向上、専門スタッフ間の連携、医療安全対策のため各種勉強会や委員会にも力を入れて定期的に開催しています。

さらに患者様、ご家族に安心して治療を受けて頂けるよう、入院患者様の身体合併症については埼玉慈恵病院と連携し対応しています。また、外来患者様の病状の急変等に対しては夜間休日の救急診察も行っています。

新入院患者様の早期退院と長期入院患者様の社会復帰およびその自立支援に今後一層努力していく所存です。
平成18年1月
西熊谷病院
院長  林 文明

HOME院長挨拶当院における治療方針外来診療のご案内診療実績 医師の紹介スタッフ募集FAQトピックス公益法人の公告

公益財団法人 西熊谷病院

〒360-0816 埼玉県熊谷市石原 572

TEL 048-522-0200/FAX 048-525-8384

当院のプライバシーポリシーについて

Copyright© Nishi Kumagaya Hospital All rights reserved.